HOME

冷え性の種類

冷え性の治療法

冷え性対策レシピ

QandA

冷え性に効く食事を作ろう (料理コーナー)

チゲ鍋

本場の韓国キムチ鍋には美味しさのコツがあるようです。
韓国ではチゲとキムチは同じような使われかたをするようですが、ここではチゲ鍋とします。
材料は2人分で、キムチ(一口大) 300g、豚ばら肉(かたまり)100g、韓国春雨20g、豆腐1/3丁、万能ネギ2本、コチュジャンが小さじ2杯、ごま油が大さじ1杯と、水が2カップですが、その他は好みで、魚やきのこ類も良いそうです。
チゲ鍋の作り方
(1)豚肉を角切りにしてコチュジャンと混ぜておきます。
(2)鍋に(1)とごま油を入れて炒め、肉の色が変わったらキムチを加えて、さらに中火で10分ほど炒めます。
(3)そこに水を加えて強火にし、10分ほど煮ます。
(4)韓国春雨は食べやすい長さに切って、50度〜60度のお湯に20分ほど浸しておきます。
(5)(3)の上に食べやすい大きさに切った豆腐、5cmの長さに切った万能ネギ(4)を乗せて強火で2分ほど煮ます。
ここでのポイントは、キムチを炒めることです。
キムチは炒めることで、アミノカルボニル反応という糖分(砂糖やデンプンなど)とアミノ酸(塩辛が分解されてできる)が反応してくっつき、香りやおいしさをたかめる反応が起こるのだそうです。
これが効果的な反応で、旨味成分が34%ほどもアップするとのことです。
日本で知られていないようですが韓国では当たり前のレシピだそうです。
因みに、鍋の時に相性の良い魚の代表は、イノシン酸の量が多いとされるサバが相性が良いとのことです。
寒い季節には、温かい鍋物が一番です。
発酵の進んだキムチがあれば、このチゲ鍋を作って本場の味を楽しみましょう。
本場の味を楽しみながら、冷え性対策ができるのは一挙両得のメニューだと言えます。
是非とも、キムチ鍋とチゲ鍋を作ってみて、その味の違いを試してみて下さい。
そして、両方ともが冷え性の人に良く、冷え性の改善になる鍋なのですから、1週に1回は寒い冬の季節には食べたいものです。
これに他の鍋やカレーライスなどを上手に食べれば寒さ知らずの体になるのではないでしょうか。

Copyright c 冷え性改善ガイド, All rights reserved.